プロベラジェネリック(メプレート)口コミや価格


メプレートはプロベラのジェネリック医薬品です

プロベラと同様の効能とプロベラと同じ成分が配合されていて

不妊の治療のほか黄体ホルモンの不足による更年期障害の治療や生理不順などの治療に利用されています

メプレート価格

くすりエクスプレス

 1箱あたり

1箱 4990円  4990円

3箱 3563円  10690円

5箱 3156円  15780円

※詳細はコチラ
メプレート

ベストケンコー

 1箱あたり

1箱 4990円  4990円

3箱 3563円  10690円

5箱 3156円  15780円
※詳細はコチラ
ベストケンコーのメプレート10mg(プロベラ)

メデマート

1箱 3280円

2箱 6000円

3箱 8400円

※詳細はコチラ
メプレートの通販なら個人輸入代行のメデマート

プロベラジェネリックの特徴

プロベラジェネリックの特徴1

メプレートはプロベラのジェネリック医薬品で黄体ホルモンを補う薬です

女性ホルモンの黄体ホルモンを補充して様々な女性ホルモン不足に伴う

不快な症状を改善することができる薬です

メプレートはプロベラと効能や成分は同じで価格は安くなります

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります

通常は2種類の女性ホルモンで体内のホルモンバランスを保っています

エストロゲンは生理周期や排卵や生殖器や胸を大きくする

肌のハリなど美肌効果や骨密度や自律神経など様々な機能維持のために働いています

プロゲステロンは妊娠のために必要なホルモンで

受精卵が着床されやすいように子宮内膜を厚くする作用があります

プロゲステロン(黄体ホルモン)は不足すると生理不順、月経異常、無月経、不妊症などの原因になります

メプレートは自然近いプロゲステロン(黄体ホルモン)を補うことのできる薬です

メプレートは副作用も比較的少なく安全に使用することが出来ます

メプレートは月経不順や無月経など治療に置いては一定の期間使用して

子宮内膜を厚くして生理周期を正常にします

機能性子宮出血のときの治療においては厚くした子宮内膜を保ち出血を抑えます

黄体機能不全の不妊治療では排卵日に飲み始めて着床されやすいように子宮内膜をあつくします

着床したあとも早流産の予防効果があります

更年期の治療には女性ホルモン補充療法に伴うエストロゲンの作用による子宮がんのリスクを減少するために利用されます

プロベラジェネリック(メプレート)飲み方

通常は1日に1回から3回に分けて飲みます

月経異常、不妊治療では10日から14日飲みます

プロベラジェネリック(メプレート)副作用

吐き気、胸の張り、胸の痛み、頭痛、倦怠感、浮腫、肌荒れ、不正出血、不安感などの副作用が報告されています

※詳細はコチラ
メプレート

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ1

[fuki-r]メプレートを初めて購入しました

更年期の治療のために飲み始めましたが1日1錠ほどを飲んでいます

メプレートを飲み始めて3日で生理が来ました

前に飲んでいたサプリとの違いを感じました

ずっと飲むのは良くないので適度に飲むだけにしたいです[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ2

[fuki-r]メプレートを飲み始めて1年になります

プレモン、プロベラと一緒に飲んでいますが女と間違えられるようになりました

元から女顔でしたので飲んで女性らしくなったようです

メプレートを継続して飲んだかいがありました[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ3

[fuki-r]メプレートを購入して飲み始めたMTFです

エストロモンと同時に飲み1日8錠を飲みプロベラを1錠飲んでいます

自分には合っているようで飲み始めてから60日でAカップになりました[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ4

[fuki-r]胸を大きくしたくてメプレートとオエストロジェルを一緒に飲んでいます

飲み始めてから胸が大きくなってきました

1回1錠は薬が効きすぎるので半錠にして2回飲んでいます[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ5

[fuki-r]前にメプレートを病院でもらっていましたが飲んで効き目がありました

医師にちゃんと飲めば排卵はないと言われています

普段は半分にして飲んでいます[/fuki-r]

※詳細はコチラ
メプレート

エストロゲンとプロゲステロン2つの女性ホルモンと暴言と知性について

2つの女性ホルモン

女性ホルモン

卵巣から出ている女性ホルモンには2種類あります

1つはエストロゲンもう1つはプロゲステロンというホルモンです

このエストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ異なる働きをします

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンです

一方プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンです

2つのホルモンは妊娠出産の準備のために必要で全身をめぐり生理や体の調子に影響を与えます

生理痛、生理不順、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の調子や美肌を維持したり

吹き出物などの肌トラブルなどの女性ホルモンの影響です

さらにダイエットでも痩せやすい、太りやすいなどやイライラ、落ち込み、不眠など

心の状態にも女性ホルモンが影響しています

女性の体には1ヶ月の間でさまざまな変化があります

卵胞期、排卵期、黄体期、生理の4つの時期があります

生理後は1ヶ月のうちもっとも安定して心と体が安定しています

卵胞期

エストロゲンがたくさん分泌される時期です

体も心も穏やかで安定している時期です

黄体期

プロゲステロンがたくさん分泌され体や心、肌が不安定なる時期で

便秘やイライラ吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります

女性ホルモンの低下と肌

肌の弾力を保っているコラーゲンは女性ホルモンが低下することで肌の弾力がなくなり乾燥してカサ突いてきます

かすみ、かぶれ、湿疹ができやすいのも女性ホルモンの低下が関係しています

糖尿病や甲状腺機能の病気、肝臓病、湿疹、かゆみ赤みが出ることがあります

また皮膚の1番外側にある角質層は毎日少しずつはがれて

新しい表皮細胞が押し上げられます

これがターンオーバーです

皮膚はターンオーバーを繰り返して生まれ変わります

女性ホルモンの分泌が低下してスムーズに行われなくなると

ターンオーバーのサイクルが遅くなり角質層も厚くなります

食事

食事では皮膚や粘膜の健康を保って老化を防ぐβカロテンを多くとりましょう

にんじん、かぼちゃ、春菊、小松菜、せり、大根の葉、にら、ぱせり、モロヘイヤなどの

緑黄色野菜に多く含まれます

入浴

入浴で新陳代謝を高めることもできます

おへそから下だけの半身浴を20分から30分行うことでじんわり汗が出て新陳代謝を促します