プロベラジェネリック(メプレート)口コミや価格


メプレートはプロベラのジェネリック医薬品です

プロベラと同様の効能とプロベラと同じ成分が配合されていて

不妊の治療のほか黄体ホルモンの不足による更年期障害の治療や生理不順などの治療に利用されています

メプレート価格

くすりエクスプレス

 1箱あたり

1箱 4990円  4990円

3箱 3563円  10690円

5箱 3156円  15780円

※詳細はコチラ
メプレート

ベストケンコー

 1箱あたり

1箱 4990円  4990円

3箱 3563円  10690円

5箱 3156円  15780円
※詳細はコチラ
ベストケンコーのメプレート10mg(プロベラ)

メデマート

1箱 3280円

2箱 6000円

3箱 8400円

※詳細はコチラ
メプレートの通販なら個人輸入代行のメデマート

プロベラジェネリックの特徴

プロベラジェネリックの特徴1

メプレートはプロベラのジェネリック医薬品で黄体ホルモンを補う薬です

女性ホルモンの黄体ホルモンを補充して様々な女性ホルモン不足に伴う

不快な症状を改善することができる薬です

メプレートはプロベラと効能や成分は同じで価格は安くなります

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります

通常は2種類の女性ホルモンで体内のホルモンバランスを保っています

エストロゲンは生理周期や排卵や生殖器や胸を大きくする

肌のハリなど美肌効果や骨密度や自律神経など様々な機能維持のために働いています

プロゲステロンは妊娠のために必要なホルモンで

受精卵が着床されやすいように子宮内膜を厚くする作用があります

プロゲステロン(黄体ホルモン)は不足すると生理不順、月経異常、無月経、不妊症などの原因になります

メプレートは自然近いプロゲステロン(黄体ホルモン)を補うことのできる薬です

メプレートは副作用も比較的少なく安全に使用することが出来ます

メプレートは月経不順や無月経など治療に置いては一定の期間使用して

子宮内膜を厚くして生理周期を正常にします

機能性子宮出血のときの治療においては厚くした子宮内膜を保ち出血を抑えます

黄体機能不全の不妊治療では排卵日に飲み始めて着床されやすいように子宮内膜をあつくします

着床したあとも早流産の予防効果があります

更年期の治療には女性ホルモン補充療法に伴うエストロゲンの作用による子宮がんのリスクを減少するために利用されます

プロベラジェネリック(メプレート)飲み方

通常は1日に1回から3回に分けて飲みます

月経異常、不妊治療では10日から14日飲みます

プロベラジェネリック(メプレート)副作用

吐き気、胸の張り、胸の痛み、頭痛、倦怠感、浮腫、肌荒れ、不正出血、不安感などの副作用が報告されています

※詳細はコチラ
メプレート

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ1

[fuki-r]メプレートを初めて購入しました

更年期の治療のために飲み始めましたが1日1錠ほどを飲んでいます

メプレートを飲み始めて3日で生理が来ました

前に飲んでいたサプリとの違いを感じました

ずっと飲むのは良くないので適度に飲むだけにしたいです[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ2

[fuki-r]メプレートを飲み始めて1年になります

プレモン、プロベラと一緒に飲んでいますが女と間違えられるようになりました

元から女顔でしたので飲んで女性らしくなったようです

メプレートを継続して飲んだかいがありました[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ3

[fuki-r]メプレートを購入して飲み始めたMTFです

エストロモンと同時に飲み1日8錠を飲みプロベラを1錠飲んでいます

自分には合っているようで飲み始めてから60日でAカップになりました[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ4

[fuki-r]胸を大きくしたくてメプレートとオエストロジェルを一緒に飲んでいます

飲み始めてから胸が大きくなってきました

1回1錠は薬が効きすぎるので半錠にして2回飲んでいます[/fuki-r]

プロベラジェネリック(メプレート)の口コミ5

[fuki-r]前にメプレートを病院でもらっていましたが飲んで効き目がありました

医師にちゃんと飲めば排卵はないと言われています

普段は半分にして飲んでいます[/fuki-r]

※詳細はコチラ
メプレート

エストロゲンとプロゲステロン2つの女性ホルモンと暴言と知性について

2つの女性ホルモン

女性ホルモン

卵巣から出ている女性ホルモンには2種類あります

1つはエストロゲンもう1つはプロゲステロンというホルモンです

このエストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ異なる働きをします

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンです

一方プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンです

2つのホルモンは妊娠出産の準備のために必要で全身をめぐり生理や体の調子に影響を与えます

生理痛、生理不順、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の調子や美肌を維持したり

吹き出物などの肌トラブルなどの女性ホルモンの影響です

さらにダイエットでも痩せやすい、太りやすいなどやイライラ、落ち込み、不眠など

心の状態にも女性ホルモンが影響しています

女性の体には1ヶ月の間でさまざまな変化があります

卵胞期、排卵期、黄体期、生理の4つの時期があります

生理後は1ヶ月のうちもっとも安定して心と体が安定しています

卵胞期

エストロゲンがたくさん分泌される時期です

体も心も穏やかで安定している時期です

黄体期

プロゲステロンがたくさん分泌され体や心、肌が不安定なる時期で

便秘やイライラ吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります

女性ホルモンの低下と肌

肌の弾力を保っているコラーゲンは女性ホルモンが低下することで肌の弾力がなくなり乾燥してカサ突いてきます

かすみ、かぶれ、湿疹ができやすいのも女性ホルモンの低下が関係しています

糖尿病や甲状腺機能の病気、肝臓病、湿疹、かゆみ赤みが出ることがあります

また皮膚の1番外側にある角質層は毎日少しずつはがれて

新しい表皮細胞が押し上げられます

これがターンオーバーです

皮膚はターンオーバーを繰り返して生まれ変わります

女性ホルモンの分泌が低下してスムーズに行われなくなると

ターンオーバーのサイクルが遅くなり角質層も厚くなります

食事

食事では皮膚や粘膜の健康を保って老化を防ぐβカロテンを多くとりましょう

にんじん、かぼちゃ、春菊、小松菜、せり、大根の葉、にら、ぱせり、モロヘイヤなどの

緑黄色野菜に多く含まれます

入浴

入浴で新陳代謝を高めることもできます

おへそから下だけの半身浴を20分から30分行うことでじんわり汗が出て新陳代謝を促します

女性ホルモン低下と肌のくすみ

肌のくすみもエストロゲンの減少で影響をうけます

脳の視床下部、下垂体はエストロゲンの低下を察知して

エストロゲンを出すように性腺刺激ホルモンを分泌します

すると近くにあるメラノサイト刺激ホルモンにも影響を与えてシミやクスミになります

メラニン色素はシミやクスミを作る原因成分で

くすみの予防には女性ホルモンのバランスを整えることが大事です

強いストレスや疲れは卵巣機能を低下させくすみのできるのを早めます

積極的なくすみ対策は新陳代謝を高め細胞の酸化を防ぐためにビタミンCを摂取するのが大事です

くすみやしみ対策のためにはビタミンCは1日1000mg以上の摂取が最適です

ビタミンCは熱や空気に弱く大根ではおろして20分で20パーセントがなくなります

ほうれんそうを3分ほどゆでただけで50パーセントがなくなります

野菜や果物を調理したらなるべく早く食べるのが大事です

ビタミンCをくすみ、しわの対策でなく体に必要な栄養素として摂取する場合1日100mg必要です

100mgを食べ物から摂取する場合いちご8個、みかん4個、柿1個、れもん3分の2個

キウイ1.5個、トマト3個、ピーマン3分の2個です

くすみのためには1日1000mgなら10倍摂取が必要です

ただしビタミンCは一度に大量に摂取すると体外に排出されます

体が冷えて血行が悪くなると顔色はくすんできます

冷えてないと思っても内蔵は冷えています

毎日お風呂に入り冷たいものを控えましょう

時期が来たので女性ホルモン 記憶力低下を語ります

女性ホルモンエストロゲン脳を守っている

記憶力や集中力の低下仕事の忙しさやストレスがたまれば脳も疲れます

脳の機能低下にもエストロゲンがかかわっています

エストロゲンは脳の働きにも大きく関係してエストロゲンの分泌が低下すれば脳の働きも低下します

更年期以降になると記憶力が悪くなるのはエストロゲンの分泌が極端に少なくなるからです

若くても卵巣機能の低下してエストロゲンの分泌が減れば集中力や記憶力低下が起こります

卵巣機能や脳機能低下を防ぐ生活習慣を取り入れることが大切です

手足の指をよく動かすなど意識して行うと症状の改善につながります

また脳の血流を良くするイチョウ葉エキスが有効です

脳の伝達物質でもあるリン脂質をたくさん摂取して不足させないことが大切です

リン脂質はオメガ3の油DHA、EPAに多く含まれています

DHA、EPAは酸化しやすく酸化を防ぐにはビタミンCと一緒に摂取することが大切です

とりすぎて害になるのはオメガ6の油です

サラダ油、紅花油、ごま油、コーン油、大豆油、ひまわり油、月見草油などです

目を温めることで心の不調が楽になることもあります

東洋医学ではいらいらは目の疲れと直結しているといわれます

女性ホルモン情緒不安定

イライラしてものや人に当たってしまい後悔するいらいらは

神経が刺激されると逆に興奮して外に向かう状態です

心の状態としてはいろいろあります向かう方向が違うだけで不安定なのは同じです

欝は女性のほうが男性の約2倍多くなります

女性がうつになる原因として多いのは月経前症候群で

女性は月の生理のサイクルに女性の精神状態に左右されます

特に生理前プロゲステロンの分泌が多くなる時期に心が不安定になりやすくなります

また卵巣機能の低下で女性ホルモンの分泌が低下すると心の症状が多くあります

女性は男性よりも心の安定を図るセロトニンの合成速度が

遅いために立ち直るのに時間がかかるといわれています

女性ホルモンはセロトニン分泌に関係していて女性ホルモンが低下するとセロトニンの量が保ちにくくなります

体が冷えると頭が緊張していらいらが起こりやすくなります

頭がもやもやしてすっきりしないのも体が冷えているからです

いらいら防止のために脳の緊張を取り除く必要があります

お風呂で温めたり手浴、足浴で頭の緊張が取れて緩みやすくなります

食事でのイライラ雑穀や玄米が効果があります

特に生理前はビタミンB群も豊富で緩やかに体に吸収され気分の安定につながります

印象が良い女性ホルモン疲れ疲労感の言い回し

すぐに疲れてしまったりだるくて何をする気にもならない調子が悪い

女性ホルモンのサイクルで起こります

生理周期にかかわらず卵巣の働きと女性ホルモンの分泌が低下すると生理不順や更年期の症状が現れ

疲れや、やる気の低下などにつながります

貧血がある場合はすぐに疲れる風邪を引きやすいなどの症状が出ます

他にも甲状腺機能の病気、肝臓、腎臓、心臓の病気など

隠れた病気がある可能性が考えられます

卵巣機能は婦人科でチェックできます

貧血、甲状腺機能なども検査でわかり症状が長くなる場合は病院での検査をお勧めします

女性ホルモンの低下卵巣の働きの低下が血行が悪くなり血液が汚れて体調不良になります

綺麗な血液とともに酸素と栄養が体の隅々まで行き渡り老廃物が排出されれば疲れもだるさもとれます

疲れているときは体を興奮させる疲れさせてしまうカフェインやアルコールは控えて

また血液を酸化させる甘いもの動物性脂肪の多いものも厳禁です

疲労回復のために良いのは山芋です

山芋は中国で山薬といい漢方や薬膳の1つです

また鉄分不足でだるさが起こることもあるので酸素を体の隅々まで

行き渡らせるために鉄分とビタミンCを補給するのがよいでしょう